マレーシア留学でできることってなんだろう?

英語を学びながら中国語を学べるマレーシア留学!



近い将来、世界一の経済大国アメリカを抜かすだろうと予測されているのが、中国です。
こういった背景にあり、いま日本をはじめ世界中で「中国語」の重要性が叫ばれているのです。
マレーシア留学では、英語はもちろんのこと中国語も同時に勉強できるという素晴らしい環境にあります。
多種多様な民族が共存するマレーシアならではのことですが、中華系民族がマレーシア人口の約3割を
占めていることからも中国語を話せる人がたくさんいるのです。
それに、マレーシアの首都クアラルンプールや旅行者にも人気のペナンには、
5割以上の人が中華系ともされるほどですので、英語のみならず中国語を同時に勉強するというのも
夢ではないでしょう。
 
2.1 マレーシアで話される中国語は広東語や副建語
マレーシアには、マレー系をはじめ、中華系、インド系、そのほかにも民族や宗教、風習、文化も違う
たくさんの人たちがマレーシアに暮らしています。
マレーシアの公用語はマレー語ですが、中華系のマレーシア人は流暢な中国語も話しますし、
やはり英語も得意です。
そのため、英語だけでなく中国語も同時に学びたいという人にとってはこの上ない環境が整っているのです。
マレーシアには、中国語を話す人がたくさんいます。
そして、彼らが話す中国語は、「広東語」や「福建語」がメインです。
中国では、普通話と呼ばれる中国語が公用語です。
しかし、実際には普通話を中心にたくさんの中国語方言があるのです。
広東語も福建語も中国語の方言の一つであり、マレーシア人の多くは
このどちらかの中国語を中心に会話をしています。
 
2.2 中国語も話せる人材は貴重!
国際化が進み英語が話せるのは当たり前という時代にあり、
将来の世界最大の経済大国になるのも遠くはないとされる中国による影響で、
今後は第三言語として中国語を習得した人の需要はますます高まっていくとされています。
マレーシア留学をすることで第二言語である英語を習得できますし、
同時に中国語も学べるので、英語と中国語をどちらも同時にレベルアップしたいと考えている人にとっては、
マレーシアが最高の学びの国であるといえるのです。
語学力のレベルにもよりますが、英語と中国語をコミュニケーションツールとしてどれだけ使えるかによって、
将来の幅や選択肢を広げることにもなります。
そして、多様性が重要視されている現代において、英語と中国語を使いこなせる人材は
非常に貴重でどのような場面でも重宝される存在になること間違いなしです。
 
◎まとめ
「英語も中国語もいっしょに勉強できるマレーシア留学!!」
マレーシア留学でできること、それは第一に「英語も中国語も同時に学べる」ということです!
マレーシアには言葉もさまざまな人たちがたくさんいるので、
覚えた英語や中国語を即実践に活かすのも容易です。
二つを使い分けることは始めのうちは大変ですが、少しずつ慣れてくれば、
より多くの人と会話をしてコミュニケーションをはかれることに楽しみを覚えるはずです。
実際に、午前中は英語を勉強して、午後は中国語を勉強するといった
ハードなスケジュールを組むことも可能です。
また、中華系の人が多い地域に留学すれば、日常では中国語を話して、
学校では英語を勉強するといったこともできます。
このように、何を勉強したいかによって学べる語学を選べるというのもマレーシア留学の特徴であり、
魅力
といえるのです。